Sample Image

体の中から綺麗に

「体の中から綺麗に」

乳酸菌と言ったら、体にいいものだと多くの人が想像するのではないでしょうか?
実際に積極的に取り入れるか取り入れないかで、体の調子が変わるのが体感できるほどの効果があるといわれています。
特に乳酸菌は、体の中から綺麗にしてくれる働きがあります。

それでは、具体的にどのような働きがあるのでしょうか?
乳酸菌の一番の特徴は、腸内細菌のバランスを整えるという働きがあることです。
女性に一番といっていいほどの悩みとして、便秘があげられます。
腸内に便がたまってしまうと、不要なものを体内にため込んでしまうため、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。
なので単におなかが張って苦しいなどといった症状だけでなく、病気のきっかけを作りやすくなってしまいます。
乳酸菌には、食べ物の消化を活性化させる働きと、便を外に押し出す腸の働きを強める効果がありますので便秘解消に大きく役立ちます。

また腸には無数の細菌が多く存在しています。
その細菌は、善玉菌と悪玉菌に分かれます。
悪玉菌は動物性のたんぱく質や脂肪分を餌として、繁殖をしていきます。
繁殖した悪玉菌は活性酸素を生み出し、有害物質を多く作り出してしまいます。
この有害物質が多くなるほど、肌の弾力がなくなりハリも失ってしまいます。
つまり老化現象が、より進んでしまうということです。
このような症状が起きるのも、食生活の欧米化により悪玉菌のえさとなる栄養素を多くとりすぎているからといえます。
それに加え、善玉菌を増やす乳酸菌が不足していることがより拍車をかけてしまっています。

善玉菌は腸の中にいる、悪玉菌の繁殖を抑える働きがありますので、老化の原因となる悪玉菌を減らすことで、アンチエイジングに繋がります。
腸の年齢と肌年齢は同じといわれるほど、腸の働きはお肌に大きな影響を与えます。
乳酸菌は、便秘解消だけでなくアンチエイジングにも効果的です。
体の中から、綺麗になることができます。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 生きて腸に届く!乳酸菌 All Rights Reserved.