Sample Image

1日の摂取量

「1日の摂取量」

乳酸菌が体にいいということは、本当に多くの人が認識していることだと思います。
それだけ身近に感じられる大事な栄養素の一つだということです。
ということは、誰もが毎日ちゃんと摂取したいと思っているのではないでしょうか。
多くの人が知っているということは、それだけ体にとって摂取するといい感じているということです。

乳酸菌が体にいいのは腸内バランスをととのえてくれるということです。
腸には数多くの細菌がとどまっており、その細菌は、善玉菌、悪玉菌に分かれていきます。
このバランスが悪くなり、悪玉菌が多くなると、体に多くの支障をきたします。
善玉菌は、生まれた時はたくさんあるのですが、年齢を重ねるごとに減少していきますので、善玉菌を増やそうと思ったら食品から摂取するしかありません。

これに比べ悪玉菌は、食物に含む脂肪分を栄養源とし、どんどん繁殖していきます。
繁殖するスピードはとても速く、あまりにもたまってしまうと、悪性のガスを発生させ腸内環境を悪化させます。
このことが原因で、大腸がんや生活習慣病にかかってしまう人が増えてきています。
特に食事の欧米化が、このような状態になりやすい環境を作り上げてしまっています。
なので、善玉菌である乳酸菌をたくさん摂取しなければ、腸内のバランスが崩れてしまいます。
それではそれだけの量の乳酸菌を摂取しなくては、いけないのでしょうか。

乳酸菌の一日の摂取量の目安は、200gといわれています。
これはヨーグルトでたとえれば、プレーンヨーグルトなどが売られている大きさの約半分ということになります。
ひとパックを、二日で食べきるぐらいがちょうどいい摂取量となります。
また、一度で食べるのではなく、朝と夜の食事の前に100グラムづつ食べていくのが理想です。
しかし、200グラムとはいえヨーグルトを食べ慣れている人でもこの量は、食べにくいぐらいの多さです。
しかも乳酸菌は熱に弱いので冷たいまま食べなくてはならず、寒い冬は余計に積極的に食べたくなくなってしまいます。

一度食べたら効果があるというわけではなく、毎日続けられることが大事です。
それだけ腸の動きは活発なので、多くの乳酸菌が必要になります。
ヨーグルトであれば4週間は毎日続けると、体の調子の変化としてはっきり分かる人が多いようです。
より続けられる方法としては、植物性乳酸菌がたくさん含まれている乳飲料を毎日一本飲む人もいます。
またいつでもどこでも手軽に摂取するためには、サプリメントが効果的です。
一日数粒飲むことで乳酸菌だけでなく、その他の有効成分も同時にとることができます。
自分がつづけられる方法を選ぶことが何より大切です。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 生きて腸に届く!乳酸菌 All Rights Reserved.