Sample Image

いい摂取方法は?

「いい摂取方法は?」

乳酸菌は体によくいいと耳にします。
多くの人は日常生活の中で取り入れてみようと思うのではないでしょうか?
せっかく取り入れるのであれば、よりよい摂取方法を知り、効率よく摂取していくことがお薦めです。

乳酸菌の研究も進み、乳酸菌には様々な種類があることが分かっています。
その乳酸菌の種類によっては、効果が異なったり、体に悪影響を与える乳酸菌があることもわかりました。
なので体にいいものを無理なく、毎日続けていかなければ、すぐに効果が出るというわけではありません。
まずは乳酸菌の特徴を知った上で、自分に合った摂取方法を見つけていきましょう。

まず乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分かれます。
動物性乳酸菌の代表的なものは、ヨーグルトです。
植物性乳酸菌の代表的なものは、キムチ、漬物、みそ、しょうゆなどの植物を発酵して加工された商品です。
これらの違いは、動物性乳酸菌は酸に弱く、植物性乳酸菌は酸に強いということです。
酸に弱い動物性乳酸菌は、口から摂取しても胃や胆汁などで死滅してしまうということです。
よって一番は行き届いてほしい腸にまでは、届きにくいということです。
なので食事だけで摂取したいという人は、植物性乳酸菌を使った食品を取り入れることがお薦めです。
しかし、漬物やしょうゆなど塩分が強いものが多いので、塩分をとりすぎてはいけない人は避けた方がいいでしょう。

これらの特徴があっても、ヨーグルトで乳酸菌をとるという選択をする人がとても多いのはなぜでしょうか。
それは植物性乳酸菌を含んだ商品が開発されているからです。
なのでヨーグルトを選ぶときに、そういった表記のある商品を選べば、同じヨーグルトでも効果は全然違ってきます。
このようなヨーグルトを朝と夕方の食事の前に食べると、腸の働きがよくなり、消化しやすい状態になります。

ただヨーグルトが苦手という人も中にはいます。
そんな人には、植物性乳酸菌が含まれた乳酸飲料を飲むのが簡単です。
今では一本でかなりの乳酸菌がとれるように配合されていますので、朝一番食事の前に飲むと効果的です。

これよりさらに簡単に摂取できるのが、サプリメントです。
乳酸菌のサプリメントには、他にも美容成分や、一緒にとると相乗効果が高い栄養素が多く含まれたサプリメントがほとんどです。
なので乳酸だけでなく、同時に体に良い栄養素を取り入れられるのでお勧めです。
何より自分に合った方法で、毎日続けられるものでなければいけません。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 生きて腸に届く!乳酸菌 All Rights Reserved.