Sample Image

どんな食品がいいの?

「どんな食品がいいの?」

乳酸菌は体にいいとよく耳にします。
実際どんな食品に含まれているのか知っていますか?

広く一般的に知られているのが、ヨーグルトですよね。
ヨーグルトは牛乳を乳酸菌によって発酵され、加工された食品です。
牛乳は牛の乳からとられているので、乳酸菌の中でも動物性乳酸菌といわれています。

他に乳酸菌が含まれている食品に、漬物、ぬか漬け、みそ、しょうゆなどの発酵加工品が上げられます。
昔から日本は多湿な国なので、食物が湿気で腐りやすいといえます。
なので昔の人は、食物を長時間保管する方法として、発酵されていました。
その結果、乳酸菌が多く含まれた食べ物へと変化しました。
これらの食品は、植物性乳酸菌といいます。

この二つの乳酸菌には大きな特徴があります。
それは、酸に強いか弱いかということです。
動物性乳酸菌は、酸に弱くほとんどの乳酸菌は、腸に届く前に死滅してしまいます。
しかしこれに比べ植物性乳酸菌は、酸に強く生きたままで腸に届きやすいといわれています。
腸での乳酸菌の生存率は、植物性のものの方が10倍近くになります。

なのでなるべく食品でとるときには、植物性乳酸菌をとることをお勧めします。
今では乳酸菌の研究や開発も進み、ヨーグルトなどに植物性乳酸菌入りやビフィズス菌など具体的な乳酸菌を含んだ製品が販売されています。
そういった商品の場合、ヨーグルト一つで一日の必要な乳酸菌を摂取できるようになっていますので手軽に摂取しやすく、毎日続けやすくなっています。
またより手軽なものは、サプリメントなどもあるので、そういったものを活用する人も増えています。

昔の人の体が丈夫なのは、乳酸菌を多く含む食生活を行っていたからともいえます。
洋食中心の生活から和食中心の生活に変えるだけでも、乳酸菌を多く取り入れることができます。
特に納豆は乳酸菌と一緒に体に取り入れることで、乳酸の働きをより強める効果といわれています。
食べ合わせによっても効果が上がってきますので、なるべく多くの乳酸菌を体内に取り入れるように心がけましょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 生きて腸に届く!乳酸菌 All Rights Reserved.