Sample Image

腸内をお掃除!

「腸内をお掃除!」

乳酸菌が体にいいと認識されている人はとても多いのではないでしょうか?
乳酸菌はヨーグルトや漬物、みそやしょうゆなどの身近な食品に多く含まれています。
特に調理することなく、食事にとりいれやすいので、多くの人に乳酸菌のよさが伝わりやすかったのかもしれません。

体にいいとされる栄養素を食品から取ろうとすると、調理が必要なものが多いですよね。
しかも調理の仕方によっては、摂取できる栄養素が変わってきてしまったり、効果が期待できなくなったりしてしまいます。
なのでつい、摂取しにくくなってしまっているのだといえます。
乳酸菌のように無理なく日常生活に取り入れやすいものであれば、毎日とり続けることがお薦めです。
なぜなら乳酸菌には、腸の中をすっきりとお掃除してくれる役割があるからです。

乳酸菌といえば、お腹に効くというイメージですよね。
乳酸菌の一番の特徴は、腸の環境を整える効果があることです。
まず乳酸菌が腸の中に入ると整腸作用が働き、食物を消化しやすい状態にしてくれます。
そして排出されるべき便を出しやすくするための腸の動きを活発にしてくれますので、便秘や下痢になりにくくなります。
普段便秘がちな人が、便秘解消になるのは、このようなメカニズムがあるからです。

また腸の老化防止も効果的だといわれています。
腸には、数多くの細菌がたまっており、その細菌の多くは善玉菌と悪玉菌に分かれます。
生まれたばかりの赤ちゃんは、善玉菌がたくさんあります。
しかし年齢を重ねるごとに、善玉菌は減っていき、悪玉菌の方が増えていってしまいます。

悪玉菌といえば、脂肪などを栄養素として繁殖して、有毒なガスを出します。
そのガスがたまると、大腸ガンや生活習慣病などを引き起こしてしまいます。
特に食事の欧米化は、悪玉菌を増やしやすい食生活へとなってしまっていますので善玉菌を増やすために、多くの乳酸菌を必要とします。
乳酸菌は善玉菌としての働きだけでなく、免疫細胞も増やしてくれます。
腸をすっきりさせることで、健康な体づつKりに大きく一歩踏み出せます。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 生きて腸に届く!乳酸菌 All Rights Reserved.