Sample Image

インフルエンザ予防にも!?

「インフルエンザ予防にも!?」

冬になると必ず耳にするのが、インフルエンザの感染のニュースです。
毎年どの都道府県においてもインフルエンザで学級閉鎖になっていて、猛威をふるっています。

インフルエンザは、飛沫感染、接触感染によって広まっていきます。
家族などで感染するとなるべく隔離するのは、接触感染しやすいからといえます。
またインフルエンザにかかったときに、どこでもらったか身に覚えがないという人も多いです。
そういった場合は、飛沫感染によって発症したケースが多いです。

インフルエンザの大半が、この飛沫感染によるものだといわれています。
飛沫感染とは、まずインフルエンザ患者が、くしゃみや咳などをしたときに、唾液や鼻水を一緒に飛ばしてしまいます。
そういった細菌を近くにいてすいこんでしまうか、もしくはドアノブなどに付着してそれを触った手で口を触るなどで感染します。
何気ない生活の中で、感染する可能性も高く、感染力も高いウィルスなので余計に広がっていってしまいます。

インフルエンザにかかると高熱や関節の痛みなど、風邪とは比べ物にならないほど重い症状になってしまいます。
免疫力の弱い年配の人にとっては、死に至る人もいるため、毎年インフルエンザの予防接種が進められています。
インフルエンザの予防接種も、病原体の型が違えば全く効果がありません。
なのでやはりこういった病原菌から、体内を守るための免疫力を強めることが大事になります。
免疫力を高めるために効果的といわれているのが乳酸菌で、ニュースなどでも乳酸菌がインフルエンザの予防になると報道されるほどです。

乳酸菌の中でも特に注目されているのが、1073r1乳酸菌やr-1乳酸菌が特に効果的だといわれています。
ここ数年、乳酸菌の研究が進み、これらの乳酸菌がインフルエンザの予防につながるといわれています。
この二つの乳酸菌を含んだヨーグルトなどの加工食品が発売されて話題となっています、
インフルエンザになると、売り切れが続出し入手困難になりがちです。

これ以外の乳酸菌でも、積極的に乳酸菌をとることで免疫は強くなります。
特に乳酸菌は免疫細胞が多く滞在する腸のバランスを整える働きもありますので、とても効果的だといわれる要因でもあります。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 生きて腸に届く!乳酸菌 All Rights Reserved.