Sample Image

病原菌から体を守る!

「病原菌から体を守る!」

テレビやニュースなどで、健康について取り上げられることがとても増えてきていますよね。
その中で体にいいものとして、よく耳にするのが乳酸菌です。
乳酸菌で代表的なものといえば、ヨーグルトや乳酸飲料などが思い浮かぶ人が多いと思いますが、これらは乳酸菌の中でも動物性乳酸菌という分野に入ります。
その他の乳酸菌としては、漬物、ぬか漬け、みそ、しょうゆなどの発酵食品にも含まれており、これらの乳酸菌は植物性乳酸菌と呼ばれています。

これらの乳酸菌には、免疫力を高める働きが多くあります。
免疫力というのは、強ければ強いほど病気にかかりにくい体になるといわれています。
なぜなら免疫力は、口や鼻や食べ物などに含まれる、病原菌を体内に吸収してしまう前に攻撃する力があるからです。

よく年配の人が風邪などを引きやすかったり、普段なら治る簡単な病気でも重症化しやすいと聞きます。
それは、体内にある免疫力が低下してしまって、働きが弱くなってしまっているからです。
そんな病原菌から体を守るためには、免疫細胞を増加させて活性化させる必要があります。
そのためにとても効果的なのが、乳酸菌です。
乳酸菌は、乳酸菌自体も免疫力を高める細胞として活躍してくれます。

もう一つの大きな働きは、腸内環境をバランスよく保つ働きがあるということです。
なぜ腸が関係あるのかと疑問に思われるかもしれません。
それは、免疫細胞の6割が腸で働いているからです。
なので、腸の状態が便秘や下痢などの症状が続くと、免疫細胞が正常に働くことができなくなってしまいます。
腸の環境を整え、免疫細胞が活発に働きやすい環境を作ることが大切になります。

中でも漬物に多くふくまれる、プロテクト乳酸菌は乳酸菌の中でも細胞壁の厚みが何十倍もありますので免疫力が他の乳酸菌よりもとても優れています。
意識してとるのであれば、より効果的な乳酸菌を摂取したいですよね。
乳酸菌は、病原体から身を守ってくれる大事な栄養素といえます。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 生きて腸に届く!乳酸菌 All Rights Reserved.