Sample Image

生きて腸に届く!乳酸菌

「生きて腸に届く!乳酸菌」

乳酸菌と聞くと、ほとんどの人が体にいいものだから取り入れたいと思う人は多いのではないでしょうか。
なぜ乳酸菌はなぜ体にいいとされているのか、どのような形で取り入れるのがいいのか知っていますか?

乳酸菌の多くは、発酵食品を作り上げるために使われる菌の一種です。
よく乳酸菌と聞いて、真っ先に思い浮かぶのがヨーグルトではないでしょうか。
ヨーグルトは、牛乳から加工して作られてもので、動物の乳が使われています。
よって乳酸菌の中でも、動物性乳酸菌として分類されています。
その他には、キムチやみそやしょうゆ漬物といった、野菜や豆類を発酵させた作られた商品にも乳酸菌が使われています。
これらは植物性乳酸菌として分類されています。

同じ乳酸菌だから、効果も同じだと思われがちですが、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌には大きな違いががります。
それは動物性乳酸菌の場合は、乾燥、熱、酸に弱いという特徴があります。
なので動物性乳酸菌は、加熱してら効果が半減してしまいます。
熱さない状態で摂取したとしても胃を通過する際に、胃酸の働きによって乳酸菌が死滅してしまいます。
それに対して植物性乳酸菌の場合は、酸に強いため胃などの臓器を通過する際にも死滅することが少ないといわれています。
なので、腸に届くまで生きた乳酸菌がいきわたるというわけです。

それではなぜ生きた乳酸菌が腸に届くのがよいことなのか、そのことについて考えたいと思います。
乳酸菌の働きには、いくつかのメリットがあります。
一つ目は、腸内の環境を整える働きがあることです。
腸には様々な細菌があり、それによって便秘や下痢などといった症状を起こしている人もいます。
私たちの周りの人を見ても、どちらかの悩みを抱えている人がほとんどだといえます。
なので多くの人に乳酸菌をとることは、メリットの一つになります。

もう一つの注目要素は、免疫効果が上がるということです。
特に冬になると、よく耳にするのがインフルエンザ感染です。
そういったウィルスから、体を守ってくれるのが免疫細胞で、乳酸菌はその免疫細胞を増やしてくれる役割があります。

これらの働きから、乳酸菌を積極的に体に取り入れることが勧められるわけです。
同じ乳酸菌をとるのであれば、より吸収率がいい植物性乳酸菌がいいでしょう。
乳酸菌の一番の特徴である、腸内環境を整えてくれる効果があるからです。

また最近では乳酸菌の研究がすすめられ、なるべく生きたまま乳酸菌がたどり着くような栄養素が含まれた食品が多くなってきています。
なので積極的にそういった食べ物を取り入れていくといいでしょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 生きて腸に届く!乳酸菌 All Rights Reserved.